前へ
次へ

一戸建てを建てる時はバリアフリー化しておこう

若い時は問題なくても年齢を重ねると、少しの段差でも躓いてしまうなど身体的な機能が衰えてしまいがちです。
もし、一戸建てを新築するというのであれば将来のことを考えて、バリアフリー化しておくことをおすすめします。
バリアフリー化していない一戸建ての場合、高齢になった時にバリアフリーにするリフォームをする必要が出てくるかもしれません。
高齢になってから住み慣れたマイホームを、大規模にリフォームするとなると金銭的にも、また精神的にも大きな負担です。
このような事態に陥らないためにも、家を建てる時にあらかじめバリアフリー化しておけば、将来のリフォーム代を節約できます。
段差の無い室内にするというのはもちろん、トイレや脱衣所、お風呂も高齢者でも使いやすい仕様にしておくと良いでしょう。
もし、車いすでの生活になった時のことを考えて、廊下の幅も広く作っておくのがおすすめです。
廊下はのちのちリフォームで幅を広げるのが難しい場所と言われているので、新築時に十分な広さを確保しておく必要があります。

Page Top